買い物するときの心構え

買い物とは、ただお金を払うためでなく、欲しい物を手に入れるためにすることだ。

僕はいくら高くても買うように見えるかもしれないが、買うと決める前には慎重に考える。買い物回数も買ったものも少ないから、赤字が出ない。「本当に欲しいものなら買う、なぜ買うか分からないものなら買わない」という原則を守っている。本当に欲しいものが一番高いかもしれないが、僕は中途半端なもので妥協しない。生活の中には思い通りにならないことがいっぱいあるけど、お金さえあれば、何を買うかは自分次第。だから、本当に欲しいものを買うのは当然だろう。「買い物してお金がなくなった」と思うより、お金で交換したものの素晴らしさを見るべきだ。

いい物を買うためには、財力を持つだけでなく、過剰な物欲を捨てることも必要。安物ならいっぱい買えるけど、そうすれば本当に欲しい物の予算に食い込む。そして家中にも無駄なものが溢れる。買い物候補を絞ることは、自分を知る過程でもある。自分の欲しいもの(自分にとっての価値)を明確にすることで、自分にふさわしいものを手に入れられる。

コメントを残す